子犬たち、50日が過ぎました

日記
12 /08 2017
福太郎と福二郎、はやくも50日が過ぎました。

写真は、1周間くらい前かな(*^-^*)


もみのこ15

完全にお乳を止めて、餌だけの食事になりました。





もみのこ16

もともと体は福太郎の方が大きくて、喧嘩をしたらいつも負けていた福二郎でしたが、最近はよく食べ体がしっかりしてきて、兄ちゃんとは互角に喧嘩をしています。

のんびり屋の福太郎は、すばしっこい福二郎に時々負けてしまうこともありますよ~




ふくともみのこ1

ふくすけじいじと孫

じいじは、もう子犬が怖くないみたい♪(今だけ限定でね・・・)






もみともみのこ1

優しいもみお母さん。

いつも子達の、下の世話が気になるみたい。

お口の周りもきれいにしないとね~ペロペロ







福二郎みんなの5

かわいくて、ずっと二匹でお家に置いておきたかったけど、雄二匹はどうしても厳しいので、辛いけど福二郎を手放すことにしました。

今回は、1年も前から黒の雌が欲しいという方のご依頼があったのですが、ご期待に添えず申し訳ございませんでした。






福二郎みんなの4

日本犬保存を考え、さらに今後展覧会に出陳することを考えての決断です。

最後まで、ずっと家族として可愛がってくださる方を探します。

作出して、一番辛い言葉です・・・






福太郎8

我が家に残して、展覧会に挑みます。

福太郎、ハードな生活が始まるな・・・





福太郎こと、紅富士号をどうぞよろしくお願い致します。



コメント

非公開コメント

福二郎ちゃんは手放す事に・・・
きっと可愛がってもらえますよ(*^_^*)
茶々のブリーダーさんが言っていましたが 残って展覧会に出る事は 結構厳しいトレーニングが待っているわけで かえって一般のお家で飼われたワンちゃんの方が幸せだって・・・
福太郎君も頑張って!!
送り出す方としては 辛い別れですものね・・・

茶々ママさんへ

そうなんです。
師匠にも兄弟を見てもらっていたので、随分悩みました。
福二郎の実物は、写真よりもかわいく福太郎よりも欠点が少ないです。

ふくすけじいじはもうすぐ13歳。
目元が若い頃のふくすけに似ている福太郎を、ふくすけのもしもの時のことを考えて、後釜として残すことにしました(それでも、もしも福二郎に良い縁がなければ、2匹とも残す覚悟はできていたのですよ)( ^o^)ノ

それが、お陰様で大変すばらしいご家族とご縁があり、昨日お迎えにきてくださいました。
家族の一員として、愛情を注いでくださるご家族に巡り会え、心から良かったと思っています。
福二郎は幸せ者です(*^-^*)

ぴーちゃん

立っているものは親でも使う、そんな末っ子が巣立ってしまい寂しかったけれど、今は犬三昧を楽しんでいます。