どんぶりちゃんとボール遊び

日記
01 /29 2016

どんぶりちゃんがお庭に出てくると、必す母にボール投げを催促してきます。

どこに投げても直ぐに走って行けるように、身体を伸ばして待っています。



すずか31
ほーら、投げたよ!




必ず探して、側まで持ってきてくれます。

が・・・

すずか30
放してくれません(^_^;)




すずか27
せっかくボールを見つけたので~




すずか34
しばらくカミカミ・・・




すずか29
母 「ちょうだい」

ど 「ふがっ!」




すずか28
母 「ちょうだいよ~~」

ど 「ふが、ふがっ・・・」



ふがふが言いながら、人間みたいに首を横に振って拒否します(笑)

このやり取りがしばらく続いて、やっとボールを放してくれます。

投げて、また同じ事をくり返す。




ボール1

投げてもらって取って来るのは楽しいけれど、ボールは放したくない・・・

咥えたままでは何も始まらないのに、どんぶりちゃんにも葛藤があるようです。 




こんな遊びの中でも、信頼関係を感じて嬉しくなる母です (*^_^*)



ちなみに、右端で不動のお邪魔な傍観者は、ふくさまですよ~。


コメント

非公開コメント

ボール投げって、葛藤だったんですね~っ(笑)
凛も、ボールを離してくれないので
なかなかボール投げが成立しないんですよ(^^ゞ
同じ柴でも、きちんとボール離す子もいるのに
なんで、うちの凛は出来ないんだろう(/。\)
って思っていましたが・・・
仲間?!発見で(^^ゞ安心しちゃいました(笑)
要は性格!って事で笑ってスルーしましょう~っ(^o^;)

腹黒母さんさんへ

ボール投げが成立しないって、その通りです(笑)

凛ちゃんも、ボールを放してくれないのですね!
遊びたいけど・・・凛ちゃんのボールさん・・・
凛ちゃんの様子が目に浮かぶようです。
よかった、お仲間がいてヽ(^。^)ノ

ちなみに、どんぶりの娘のこばこは、以外にもボール投げが成立するんです・・・(意外でしょ)
今度、記事にする予定ですが。

確かに性格ってことで、スル―ですね(^o^)丿

ぴーちゃん

立っているものは親でも使う、そんな末っ子が巣立ってしまい寂しかったけれど、今は犬三昧を楽しんでいます。