2015
09.17

謎の事件遭遇

Category: 日記
先日、次女と温泉に行った帰り道のことです。

母は温泉の蒸気が苦手です。

なので浴室の混雑を避けて遅い時間に温泉に行き、帰路に着いたのは深夜の0時30分過ぎでした。

我が家まで100メートル近くのところにさしかかると、外科医院があります。

そしてその前に自動販売機があるのですが、なぜかその道ばたに人が寝ていました。

医院の隣は私電の駅なので、酔っぱらった乗客が下車して、そのまま酔いつぶれて寝てしまったのかと思ったのですが・・・

道ばたで寝転がっているのは危ないと思い、母と次女は車から降りて近づいてみると、それは、酔っ払いなどではなく、短髪の女性だったのです。

一瞬、ひき逃げが頭をよぎりましたが、話しかけると気丈にお話もでき、意識の方は大丈夫でした。

この女性は1級の障害者の認定を受けているそうで、足が不自由なゆえ、自分の足が絡んで転倒して起きられなくなったとのことでした。

その時、頭と右半身を打ったそうで、折曲げた腕がずっと震えて、全く動けない状態でした。

救急車を手配し、体を動かさずに毛布を掛け、しばらくそのままで待機していました。

驚いたのは、この救急車が来るまでの会話のやり取りです。




「どなたか連絡のつくご家族はいますか?」と尋ねると

「主人がいます・・・でも、多分女のところに行っていると思います・・・」

「え?・・・」

歩くのさえ不安定な彼女が、こんな深夜に一人で外へ?

それも、障害を持つ彼女が、旦那の女の存在をを知っている?




唖然としているいるうちに、救急車が到着し、救命士の方に状況説明をしていると、タイミングよく旦那と名乗る男が、彼女の簡易の車いすを押して現れました。

すぐ裏のマンションが自宅だというのに、こんな深夜にデニムを履いて、おしゃれなTシャツ姿・・・?

「車いすを取りに行っていた間に転けたんです」と旦那は説明しているが、彼女はだいぶ前から倒れていたと言っていた・・・

救命士の方は病院に行くことを勧めていたのに、旦那は痛がる彼女を無理やり車いすに乗せ、自宅に連れ帰ろうとしていました。

不可解な行動です!

私たちは、何度も「頭を打っているようなので!」と、言い続けました。

そう、母は見たのです・・・




車いすを押して現れた旦那が、救急車の回る赤いランプの物影から出てきたとき、腹立たしそうに下唇をぐっと噛みしめていたのです。

それが、明るい自販機の前に出てきたときには、心配をしているような優しい表情に豹変したことを・・・




病院に行きたそうな彼女を、旦那は無理に連れ帰ろうとするので、救命士の方が心配して3名で自宅まで付いて行ってくれました。

母と次女はここまででお役御免、その場を去ることになりましたが、本当に気になるスッキリしない事件でした。




そんな中で、一つだけ感心したことがありました。

救急車が来るまでの間、次女がライトを照らし振って合図を送っていると、それに気付いた若い男性が、「何かできることはありませんか?」と言って、最後まで一緒に残ってくれていたことでした。

こんな親切な青年もいるのに、この旦那ときたら・・・なんか腹立つな~!




そして次の日、早朝にこばこさんと自転車で走っていると、昨夜の旦那が、彼女の倒れていた自販機の前に、なぜか空の簡易の車いすを持ったまま、昨夜の現場のあたりをうろうろ。

落とし物なら、空の車いすはいらないでしょ?

ますます、謎深まる事件でした。

しばらくこの近くを、要チェックですね~(-_-)






高知展の申し込みをしました。

毛の抜けたこばこさんを連れてお弁当を食べに行きます( ^o^)ノ




最近のすずさんです。

すず53

7月に続き、娘のどんぶりちゃんと共に、二度目の発情がきています・・・

今年の夏は気温が高かったからでしょうか、どうも女の子達はバランスを崩していますね~(^_^;)




すずか21
血の気の多いどんぶりちゃんです。

事件解決の助っ人になるか?

いえいえ、危険なだけですから・・・


ふくすけ94

どんぶりちゃんが出てくると、ふくさまは関わりたくないモード。

ふくさま、この旦那の件、どう思う?

ねえ~?












トラックバックURL
http://shibainufukusuke.blog.fc2.com/tb.php/275-9379efbf
トラックバック
コメント
 こんばんは (^◇^)

 ナイトキャップにぴーちゃんさんの不可解極まりない事件のブログです (^◇^)

 その後もしっかり調査お願いします。
報告をお待ちしてます。

 いつもの様にこばこさんの力で、母様のお弁当を美味しくしてください。
noririndot 2015.09.17 23:24 | 編集
びっくり!!
そんな事件があったんですか?!
ちょっと怖いですね。。。
次の日、空の簡易の車いすを押して何をしてたんでしょうね。。。
謎が深まったまま。。。
その後の展開が実話なので想像つかないですね。。。
小説のような感じでついお話に夢中になってました。。。
やっぱりこういう時は鼻が利くわんこ達に…っていう訳にはいかないか(笑)
どんぶりちゃんは血の気が多いんですか?(笑)
良いなぁ。。。頼りになるわ~!
リュウはこんな事件があるときっと
「俺は見てない。知らない。関係な~い」って
どこかに消えていきそうです(笑)

シフォン&クッキーdot 2015.09.18 08:44 | 編集
そんなけしからん人間は、どんぶりケジメがいいよ(笑)再起不能になるかもしれんけど
ピヨリータdot 2015.09.18 10:30 | 編集
noririnさんへ

腹が立つというか、何というか、余韻が残っていましてね、あれから毎日、散歩中にチャックしているんです(-.-)

ブログには書いていませんが、奥さんを車いすに乗せるときなんか、痛くて奥さん叫んでいるんです!
それなのに強引に座らせて・・・

そこまでして、連れて帰りたかったのはなぜ?って思いますよね~(-_-;)
なので、これからも当分、チェックを続けますよ~

高知、お弁当のおかずが今から楽しみです♪
ぴーちゃんdot 2015.09.18 13:24 | 編集
すごいお話ですね(@_@;)
何だかとっても その後の展開が気になります
事件性まで臭ってきます
ぜひ 気にかけていてくださいね
旦那の行動とは思えないし 普通ならそのまま救急車ですよね・・・
何ともスッキリしませんよね
お気の毒な奥様です
ぴーちゃんさん達の心を踏みにじった旦那の人間性を疑いたくなっちゃいます
茶々ママdot 2015.09.18 13:31 | 編集
シフォン&クッキーさんへ

思い出して、考えれば考えるほど、不可思議なことに気づくんです。
頭ぶつけているので、救命士の方が脳外科を薦めてくれているのに、「行き付けの外科があるから次の診察日に」とか言っているんですよ!
無理矢理車いすに座らせてみたり、奥さんに対して全然思いやりが感じられないでしょ~(-_-;)

次の日は、リハビリのお迎えとか来るような時間帯じゃないのに、何故旦那一人で夕べの場所にいたのか??
などなど、疑問ばかり。
しばらく野次馬根性で見張りをします。

確かに、ワンコほどの嗅覚があれば、何かを感じ取れたかもしれませんね~
でもね、どんぶりはトドメを刺すとき意外は危険なんです。
容赦ないので・・・(-_-;)

リュウ君、「俺は見てない。知らない。関係な~い」って、自ら危険を避けているのは、とてもお利口さんです!
その方が家族は安心です。
どんぶりのおかげで、こうちゃは寿命を縮めているんではないかと、時々心配になりますから・・・(汗)
ぴーちゃんdot 2015.09.18 14:00 | 編集
ピヨリータさんへ

初コメントありがとう!

どんぶりに、ケジメを付けさせて、「あら~、うちの子が噛みましたか、ごめんなさい」ってのも良いな~

後で訴訟とか起こされても、どんぶりがお咎め無しなら、成敗したい( ^o^)ノ
ぴーちゃんdot 2015.09.18 14:10 | 編集
茶々ママさんへ

そうなんです!
仰るとおり、私も旦那の取るべき行動とは思えないんです。
奥さんは、お話をしている限り至って平常心の方で、通行人として当然のことをした私たちに、大変感謝をしてくれて・・・

けれども、ただの通りすがりの私たちに旦那の女の話をするということは、普段よほど辛抱をしているのではないかと、胸が痛みました(-_-;)

奥さんの行動に制限がある分、旦那が何か余計なことを考えているのではないかと、憶測ですが考えてしまいます。

大きなお世話でしょうが、奥さんが気の毒でした。
しばらくチェックして、旦那に天罰が当たるところを見届けたいものです( ^o^)ノ
ぴーちゃんdot 2015.09.18 14:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top