遺伝なので・・・

日記
09 /18 2014
お庭のフェンスの隙間から伸びてきている草を、こうちゃ君が一生懸命食べておりました。

そこへいたずら妹のもみちゃんが、走ってきてタックルです!

こうちゃ14

ちょっと、気が抜けすぎですよ、こうちゃ君!

この、緩い性格はどうしたものでしょうね~。






妹のもみちゃんは、夏の換毛からだいぶ経ちますが、毛がちっとも伸びていません。

こんな状態では、いつになったら展覧会に出陳できますかね・・・

もみ100

そうですか?

早く毛が伸びないと、秋の支部展が終わっちゃうかもね!





ふくすけ73

ふくさまは怪我をして、引退する前からずっとのんびりしてたでしょ!

そうでした、こうちゃ君の性格は完全に遺伝でした・・・




コメント

非公開コメント

最近すずさんのお産話しで、荒ぶる系オナゴ路線を楽しんでいたけど
まったく逆のふくちゃんの血を引く二人がおりましたね(*′艸`)

考えたらこんなに性格が違う柴っ子たちが
一つ屋根の下で仲良く(笑)暮らしているのが
なんか微笑ましくて羨ましくて楽しいです(´ー`)ノ

ところでふくちゃんの引退は怪我が原因だったんですね

柴犬はなさんへ

本当に、すずの系統とふくすけの系統は性質が真逆なので、飼い主としては楽しいと言えば楽しいのですが、子の代になるほど独特の性質があからさまになっているような気がします(笑)

実は、今度すずが出産するのは、ふくすけの子なんです。
どんな性質の子が出てくるのか、ちょっと面白いんじゃないかな~と・・・(^_^)/

6年前、飼い主としては不可抗力な、ある事件がおきました。
そのためふくすけは、絶好調の3歳で右後ろ脚を脱臼してしまったのです。

手術をさせる方法もありましたが、展覧会に出すという目的のために、もう一度わざわざ痛い思いをさせるのがつらくて、普通に生活に支障がないならばいっそ引退をしようと諦めたのです。

ふくすけは、当時は注目をされていた犬で、私もショックで半年くらい立ち直れませんでした。

今は、こうしてわたしの傍でタルタル犬生を楽しみ、私も楽しませてくれています。

ワンの犬生も色々ありますね~(^^ゞ

ぴーちゃん

立っているものは親でも使う、そんな末っ子が巣立ってしまい寂しかったけれど、今は犬三昧を楽しんでいます。