長男のバッグパッカー、デビュー。

母の思い
08 /29 2014
大学生の長男ですが、この夏休み、初めてバッグパッカーでクアラルンプールへと、一人旅に出ました。

お盆前に帰省した時は、話しを聞いてまだ早いと、主人と共に反対をしました。

が、「婆ちゃんの生きている間に、親の気持ちを知っておきなさい!」と逆に長男に説教されてしまいました。

そうですね、私も今から約30年前、一人バッグパッカーでインドとタイを10ヶ月ほど旅をしてきました。

途中で、実家への連絡も途切れ途切れになり、母と今は亡き父とに随分と心配をかけたようです。

だから私にも、母が生きている間に、私自身が同じ体験をして、当時の反省をしておけと言うわけです・・・か

なんだか、都合のいい長男の言い訳のような気がしますが~。



「息子よ、一人旅はすばらしいことです。ぜひ行ってくればいい!

けどね、たとえ何が起きたとしても、旅の途中では全て自分自身で責任をとらなくてはいけないのだよ。

あなたにその覚悟を持ってもらうために、母は反対をしているのです。



何の反対もせず気持ちよく送り出せば、あなたはきっと気を抜くでしょう!  私の子なんだから・・・

気をつけて、どうか幸運に恵まれますように!」




送ってきた画像です。

あきら2
ここに、宿泊したみたいですね。


あきら1
ドミトリー、相部屋ですね。
安宿の定番で、私もインドでは泊まったものです。






今は、ラインがあるから便利です。






確かに遠い昔、私は両親にとても心配をかけていたんだと、長男の事を思って初めてわかりました・・・父よ母よ、今さらですが、ごめんなさい。

コメント

非公開コメント

凄いなぁ〜!
そんな冒険するなんて…
行かせるほうも凄い。
ほんと、心配はあるけど、
大きく成長して帰ってくるだろね。
*\(^o^)/*

 こんにちは。

 ご長男さんはバイトかなんかで旅費を工面してたんですね。

 安全で有れば事故と病気に気を付けて。

 全てが生きて行く力になりますよ。

 ぴーちゃんさん、楽しみですね。

うめや珈琲さんへ

若いからこそ、できることってあるんでしょうね~。

じっと待っているのでは何も起こらないし、自分が動き出さないと何も始まらないので、とりあえず第一歩を踏み出したという感じでしょうか・・・

夏休みという短い時間ですから、一人旅の経験にはちょうどいいくらいでしょうか。

のりりんさんへ

ええ本当に、バイトばかりで休みにもろくに帰ってこないと思ったらこうです!

さすがにマイペースな息子でも、少しは生きる力が育てくれるでしょうかね~?
人生の中で、振り返った時にいい経験だったと思ってくれたらいいのですが・・・

親は、無事を祈っているだけです。


本当は息子さんの決心にアッパレを言いたいけど
一人バッグパッカーでインドとタイを10ヶ月ほど…
の経験を持つぴーちゃんさんに実は一番驚いています

冒険肌はお母さん譲りだったんですね(*′艸`)

ちなみにクアラルンプールは
17年前、兄が結婚式を挙げた地で
とても印象に残っています(´ー`)ノ
魅力あるところがたくさんで
きっと思い出話が山のようにあるでしょうね♪

柴犬はなさんへ

今思えば、とんでもない娘でしたね~(汗)
子どもの誰かは、いつかこうなる時が来るかもと思ってはいたので、しょうがないですね・・・ほんと。

クアラルンプールで結婚式ですか、素敵ですね!
私は、行ったことがないんですよ。
サザンクロスでタイから行きたかったのですが、その時はちょっと他へ向いて行ってしまったので、行けないずくです。

今日息子から、「まだ南京虫に刺されてないぜ!」ってラインが来ていました。
ゴキブリが怖い奴なので・・・(笑)

ぴーちゃん

立っているものは親でも使う、そんな末っ子が巣立ってしまい寂しかったけれど、今は犬三昧を楽しんでいます。