意地悪してると嬉しそうだね~

日記
05 /24 2014

今日もいい天気です。

犬さんたちを、順番にお庭に放してあげました。

こばこさんの番ですが、おやつになびかない奴を回収するのは、これまた一苦労なのです。  ほんと!

こばこ~、こばこ~!

こばこ101


こばこ~、おいで~

こばこ102
こうやって近くにいながら、触れる距離になると上手くスリ抜けて逃げて行きます。

母をからかっているみたいです。


そして逃げながらも、奴は遊んでいる余裕があります。

こばこ103

こばこ~、こばこ~!

こばこ105
もみちゃんの、お気に入りの棒っきれを見つけて遊んでいます。


こばこ~、こばか~!

こばこ104

雨が降ると泥で地面が汚れるので、犬さんたちの居住区の前に古いカーペットを敷いているのですが、母がいつも片付けるのを知っていて、こばこさんはワザと、ぐちゃぐちゃにしてくれます。

こばか~、こばか~!    ほんとうに、いたずらっ子です。


ふくすけ67

いつもぼっとしているふくさまは、こばこさんが逃げる時に体当たりをされるので怒っています。




母はこの後、とっておきの神業で、こばかを捕まえる事ができました。

めでたし、めでたし。







コメント

非公開コメント

こんばんは☆

すごーく気になって。。。
おやつになびかないこばこさんの捕獲方法
『神業』とはなんですかぁ~??

気になって、眠れないですぅ
( *´艸`)

意地悪してると嬉しそうだね~

てんママさんへ

こんばんは~

こばこの神業捕獲ですが、家族の中では、なぜか母のあほな手にだけひっかかってくれます。

庭が家の周りを一周できるようになっているので、まず狭いところで通せんぼをつくります。

そうすると奴は、通せんぼの方には絶対に行かないので、びっくりしたような声を出したりして、こちらに注目させます。

こばこが興味を持って近寄ってくるので、そこで一気に通せんぼの方に追いやって行きます。

めでたく、お縄になります。

よく考えると、あまりにもあほくさくて、誰もやらないだけなんでしょう・・・・(汗)

捕獲作戦は、美味しい食べ物がいいのでは?!
うちも車に乗せてた時に、ドアを開けっ放しにして、
逃げられて捕まえるのに苦労した(笑)
捕獲出来たのは、パンで捕獲しました。
食べ物に目が無いのでね!
(^ω^)

途中まで近くに来て届きそうになると逃げるという術、
実はハナも小さい時よくやっていました(´∀`*)
まさにからかっているかのように本人はしてやったりの顔…
でも当時の私はぴーちゃんさんみたいな“神業”持ってなくて
ずいぶんイライラさせられてました(ノェ`*)

ふくちゃん怒っているのに顔が優しすぎるよ~(≧▽≦)

うめや珈琲さんへ

こばこには困ったもので、食べ物では釣られないのでいつも家族で苦労しています。
おやつをもらうよりも、遊びたい方が先なのです。

普通は、おやつ好きじゃない子なんていませんよね~。
食べ物に寄って来てくれるのは、う~ちゃんが素直だからですよ!
食べ物よりも、自由を好むなんて犬の自覚あるんでしょうか???

意地悪してると嬉しそうだね~

柴犬はなさんへ

傍に来たら逃げて、まだまだ遊びたい・・・
捕まらなくったって、飼い主は怒らないだろうって、知っているんですね~。
私は神業とか言っていますが、実はただ、こばこの気を引いているだけなんです。
アホなことやってるんで、誰も家族が真似しないだけなんですよ(汗)

ふくすけは、こばこの事は諦めているのです。
中途半端に反撃すると、こばこが「ぎぃ~」って言いながら癇癪を起すので、平和にポーカーフェイスで抵抗をしているのです。情けないですが・・・

 同じですねえ。

 おやつ(軽食感覚なんだろうなあ)だと来やしません。
首を伸ばして『え?どんな?なんだ、それだけかい。』ってのぞいて見て、また外にプイッと向いて走って行っちゃう。
 こっちはこっちで、『こんにゃろー、値踏みしやがって。』
って思いながら、でもケージにさっさと入れちまいたいもんだから、『ほんなら、これでどうだ!』ってご飯位の量のドッグフードを入れて見せると『おっしゃ、手打った!』って感じでささっとケージに入ってくるんですよ。憎たらしいですよね。
飼い主が負けたワケです。
 この逆主従関係が許せないんですよね。

のりりんさんへ

本当に、ありますよね~
私もしょっちゅう、犬たちに足元見られています。
威厳が無いけど、心を許してくれているのかな~と思ったりもするんですよね。
信頼関係が無いと、お産もさせられないし、甘えてもこられない飼い主になるのも辛いですしね・・・
だけど、犬の方が駆け引きがうまい時は、やっぱりちょっと腹立ちますね(笑)

ぴーちゃん

立っているものは親でも使う、そんな末っ子が巣立ってしまい寂しかったけれど、今は犬三昧を楽しんでいます。