FC2ブログ

謎の事件遭遇

日記
09 /17 2015
先日、次女と温泉に行った帰り道のことです。

母は温泉の蒸気が苦手です。

なので浴室の混雑を避けて遅い時間に温泉に行き、帰路に着いたのは深夜の0時30分過ぎでした。

我が家まで100メートル近くのところにさしかかると、外科医院があります。

そしてその前に自動販売機があるのですが、なぜかその道ばたに人が寝ていました。

医院の隣は私電の駅なので、酔っぱらった乗客が下車して、そのまま酔いつぶれて寝てしまったのかと思ったのですが・・・

道ばたで寝転がっているのは危ないと思い、母と次女は車から降りて近づいてみると、それは、酔っ払いなどではなく、短髪の女性だったのです。

一瞬、ひき逃げが頭をよぎりましたが、話しかけると気丈にお話もでき、意識の方は大丈夫でした。

この女性は1級の障害者の認定を受けているそうで、足が不自由なゆえ、自分の足が絡んで転倒して起きられなくなったとのことでした。

その時、頭と右半身を打ったそうで、折曲げた腕がずっと震えて、全く動けない状態でした。

救急車を手配し、体を動かさずに毛布を掛け、しばらくそのままで待機していました。

驚いたのは、この救急車が来るまでの会話のやり取りです。




「どなたか連絡のつくご家族はいますか?」と尋ねると

「主人がいます・・・でも、多分女のところに行っていると思います・・・」

「え?・・・」

歩くのさえ不安定な彼女が、こんな深夜に一人で外へ?

それも、障害を持つ彼女が、旦那の女の存在をを知っている?




唖然としているいるうちに、救急車が到着し、救命士の方に状況説明をしていると、タイミングよく旦那と名乗る男が、彼女の簡易の車いすを押して現れました。

すぐ裏のマンションが自宅だというのに、こんな深夜にデニムを履いて、おしゃれなTシャツ姿・・・?

「車いすを取りに行っていた間に転けたんです」と旦那は説明しているが、彼女はだいぶ前から倒れていたと言っていた・・・

救命士の方は病院に行くことを勧めていたのに、旦那は痛がる彼女を無理やり車いすに乗せ、自宅に連れ帰ろうとしていました。

不可解な行動です!

私たちは、何度も「頭を打っているようなので!」と、言い続けました。

そう、母は見たのです・・・




車いすを押して現れた旦那が、救急車の回る赤いランプの物影から出てきたとき、腹立たしそうに下唇をぐっと噛みしめていたのです。

それが、明るい自販機の前に出てきたときには、心配をしているような優しい表情に豹変したことを・・・




病院に行きたそうな彼女を、旦那は無理に連れ帰ろうとするので、救命士の方が心配して3名で自宅まで付いて行ってくれました。

母と次女はここまででお役御免、その場を去ることになりましたが、本当に気になるスッキリしない事件でした。




そんな中で、一つだけ感心したことがありました。

救急車が来るまでの間、次女がライトを照らし振って合図を送っていると、それに気付いた若い男性が、「何かできることはありませんか?」と言って、最後まで一緒に残ってくれていたことでした。

こんな親切な青年もいるのに、この旦那ときたら・・・なんか腹立つな~!




そして次の日、早朝にこばこさんと自転車で走っていると、昨夜の旦那が、彼女の倒れていた自販機の前に、なぜか空の簡易の車いすを持ったまま、昨夜の現場のあたりをうろうろ。

落とし物なら、空の車いすはいらないでしょ?

ますます、謎深まる事件でした。

しばらくこの近くを、要チェックですね~(-_-)






高知展の申し込みをしました。

毛の抜けたこばこさんを連れてお弁当を食べに行きます( ^o^)ノ




最近のすずさんです。

すず53

7月に続き、娘のどんぶりちゃんと共に、二度目の発情がきています・・・

今年の夏は気温が高かったからでしょうか、どうも女の子達はバランスを崩していますね~(^_^;)




すずか21
血の気の多いどんぶりちゃんです。

事件解決の助っ人になるか?

いえいえ、危険なだけですから・・・


ふくすけ94

どんぶりちゃんが出てくると、ふくさまは関わりたくないモード。

ふくさま、この旦那の件、どう思う?

ねえ~?











ぴーちゃん

立っているものは親でも使う、そんな末っ子が巣立ってしまい寂しかったけれど、今は犬三昧を楽しんでいます。