FC2ブログ

長男のバッグパッカー、デビュー。

母の思い
08 /29 2014
大学生の長男ですが、この夏休み、初めてバッグパッカーでクアラルンプールへと、一人旅に出ました。

お盆前に帰省した時は、話しを聞いてまだ早いと、主人と共に反対をしました。

が、「婆ちゃんの生きている間に、親の気持ちを知っておきなさい!」と逆に長男に説教されてしまいました。

そうですね、私も今から約30年前、一人バッグパッカーでインドとタイを10ヶ月ほど旅をしてきました。

途中で、実家への連絡も途切れ途切れになり、母と今は亡き父とに随分と心配をかけたようです。

だから私にも、母が生きている間に、私自身が同じ体験をして、当時の反省をしておけと言うわけです・・・か

なんだか、都合のいい長男の言い訳のような気がしますが~。



「息子よ、一人旅はすばらしいことです。ぜひ行ってくればいい!

けどね、たとえ何が起きたとしても、旅の途中では全て自分自身で責任をとらなくてはいけないのだよ。

あなたにその覚悟を持ってもらうために、母は反対をしているのです。



何の反対もせず気持ちよく送り出せば、あなたはきっと気を抜くでしょう!  私の子なんだから・・・

気をつけて、どうか幸運に恵まれますように!」




送ってきた画像です。

あきら2
ここに、宿泊したみたいですね。


あきら1
ドミトリー、相部屋ですね。
安宿の定番で、私もインドでは泊まったものです。






今は、ラインがあるから便利です。






確かに遠い昔、私は両親にとても心配をかけていたんだと、長男の事を思って初めてわかりました・・・父よ母よ、今さらですが、ごめんなさい。

ぴーちゃん

立っているものは親でも使う、そんな末っ子が巣立ってしまい寂しかったけれど、今は犬三昧を楽しんでいます。