2017
02.01

お産の回想、そして長女と長男のこと

Category: 母の思い
こばこさんのお産では、母は初めて体験したことや反省など、色々勉強になりました。

そして、産後のこばこさんの体調はあまりかんばしくなく、便の緩みや消化不良、発熱、乳腺炎・・・

母は久しぶりに、犬の乳搾りもしましたよ (母は乳搾りがうまい)

しばらくは、仕事を早退するかお昼休みを長めに取って、こばこさんの様子を見に毎日家に帰ってきていました。

そんなある日、この事件は起きました。





朝の散歩のこばこさんは、普通の で、 おしまいの方だけ少し柔らかめなくらい・・・

ですから、特に気にせず出勤したのです。

そしてお昼過ぎ、帰ってくると・・・






玄関の扉を開けると、なぜかこばこさんが出迎えてくれます?

誰かが帰ってきているのかな?

そう思って家の中へ






その光景は、まるで強盗が入ったみたい・・・

玄関先のこばこさんと赤ちゃんの入っているケージが、めちゃくちゃになっています (@_@;)






目隠しと保温のためにケージを囲った段ボールがボロボロに引き裂かれ、ケージの扉は血まみれ。

そして、玄関先ではこばこさんが朝の餌をもどしています・・・







ギャー!!  赤ちゃんは大丈夫?

生きてる??

母は一瞬、何が起きたか分からずに頭が真っ白になりました(>_<)

ケージ脱獄1








大丈夫、赤ちゃんはこの惨事の中でも、すやすや寝ていました・・・

やっと分かってきたことは、体調が悪くなったこばこさんが、赤ちゃんを汚したくなかったのか、必死でケージから脱出をしていたということです。



もう、こんな状態を見たら、びっくりするでしょう~~(~_~;)





それにしても謎なのは、いったいどうやって、誰も居ないのに脱出したケージの扉が完全に閉まったのか?

そうなんです、扉はかんぬきごとキッチリ締まっているのです!





外に出たままでこばこさんは、ケージのに中に残した赤ちゃんのところに戻りたがっています。

普段からこばこさんは錠前破りが得意なので、留守中に何かあっても困ると思い、ケージにはかんぬきを掛けて脱出できないようにして外出しました。


だから

こばこさん、あんた、何で外にいるの???

全くもって謎だらけ・・・


こばこ294
(例の写真ですが、このようにかんぬきをかけ扉もきちんと閉まってこばこさんだけが外へ出ています)




謎の極めつけは、居間の隣にあるサンルームの古い洗面器の中に残された でした   (^_^;)

こんなところにするか?

さすがにその画像は撮りませんよ・・・





他の場所を汚されるよりありがたいですが、まさか洗面器の中に残しているなんて、そんなワンコは今までに一匹もいませんねヽ( ̄д ̄;)ノ

次々と出てくる摩訶不思議な事実に、母は取り乱しながら、とりあえず赤ちゃんを綺麗な温かいところに移動して、一つずつ片付けていきました。




後で母なりに出した答えですが、恐らくこばこさんは狭い隙間から無理矢理ケージを脱出し、我慢の限界が来てそれぞれ用を済ませた後、赤ちゃんが気になり再びケージに戻ろうとしました。

しかし、かんぬきが掛かったまま脱出したので、開いた扉の隙間は狭く、扉を広げようとして、いつものように錠を鼻で持ち上げ手で扉を押したところ、開けたつもりが反対に完全に扉が閉じてしまったのではないかと・・・

それで、赤ちゃんのところへも戻れず、暇に任せて八つ当たりした産物が、ボロボロの段ボール・・・

恐らくそんなことではないかと、いえ、そうとしか思えないのです・・・(~_~;)

いずれにしても、こばこさんらしい事件を体験させてもらいました。





ところで、こんなに体調不良だったこばこさんですが、今はすっかり元気になりましたので、どうぞご安心を(^o^)丿





そして、そんなことは関係無しといった感じで、すくすく育っているこばこ娘です。

こば長女14
13日目



こば長女15
15日目



こば長女16
16日目



こば長女17
同じく16日目

一昨日の写真ですが、ほんとうに、寝るばっかりです・・・(~_~;)

いつになったら、パッチリお目目が開いた顔が拝めるんでしょうね~








こばこさんのことはさておき、先日、長男も留学を終えて帰国しました。

渡米して肺炎にかかったらしく、高熱で2周間ほど体調不良だったこと、帰国してから知らされ、母はショックでした。

今は元気になりましたが、なかなか熱が下がらず原因も分からず、ちょっと大変だったようです。

アメリカお土産
帰ってくるとき何が欲しいと聞かれたので、母がお土産にお願いしたのは、アメリカで販売しているスターバックスのコーヒー。

日本のよりデカッ、340gで量が多いです!

お味はやはり、日本と同じスタバのコーヒーの味でした(^o^)丿 おいしい♪




それから、ネットでは売っていないというボディクリームを見つけてきてくれました。

柄が派手(^_^;)

母はフルーツの良い香り、次女にはフローラルの良い香りですが、これもデカい!

これ、なかなか使用感が良いよ♪

どうもありがと♡

他にも、留学先の大学のグッズや、家族みんなにそれぞれお土産をありがとう(^'^)

けれども、母への一番のお土産は、あなたが無事に元気で帰ってきてくれたことです。




そして、お礼が遅くなりましたが、これも年末にありがとう。
白子1
あなたから届いていた生食用の白子。

臭みがなく本当においしくて、たくさんあったのに結局その日のうちに完食してしまいましたヽ(^。^)ノ

母は盛り付けが超へたくそなのだよ・・・美味しそうに伝えられなくて  ごめん、ごめん。





せっかく帰国しても、大学で実験が待っているからまたすぐに帰ってしまうんですよね・・・

帰省前の夜は、地物の魚が食べたいというので、ご近所の地魚のおいしい店に行きました。

海寶2
ラインでこのメニューを送ると、この場に来られなかった長女が食いついてきました。

日本酒の凱陣があるのでね (^'^)

今日の博士課程の入試、頑張ってください。

試験に通ること祈っています。

帰省したら、このお店に来ましょうね。




海寶1
好み材料を聞いてもらい、刺身の盛り合わせも作ってもらいました。

きれいですね~、この盛りつけ、母とは全然違うわ・・・(-.-)

イカ、太刀魚、はまち、赤貝、鯛、鮪、鯵、車海老など、そして他のメニューは写真を撮る前に、つい忘れて食べてしまったのでありません。

人様にこのお店をご紹介すると、皆さんリ必ずリピーターになってくれる良いところですよ~

長男の無事帰国をささやかに祝いながら、これからまた日本で引き続き、実験を頑張ってください。

また、たまには帰ってくるのですよ~






Comment:6  Trackback:0
2017
01.12

本日のこばこさんと、長女のねぎらい

Category: 母の思い
こばこさんの予定日が近づいて来ました。

1月の出産は初めてで、いつもの玄関先だと寒いのではと思い、階段下の納戸前にお産の場所を作りました。

こばこお産箱1

汚れても良いカーペットを敷いて、回りを段ボールで囲い  

「どうです、こばこさん?」





こばこ288

え?

「こっちの部屋が良い!!」

「ダメダメ・・・」





こばこ287
「まぁ、良かろう」

体温は38.6~38.4

散歩ではバリバリ走るわ飛ぶわ・・・

元気すぎて、全くついていけない母です(^_^;)

センター入試の頃はぐっと寒くなるんだってさ、そうなる前に、そろそろ産んでみてはいかがですか?






長女へ

修士論文の提出、お疲れ様でした。

香川の展覧会以後は年末年始も返上で、曇り空の憂鬱と戦いながらよく頑張りました。

さらに続く博士課程の入試が終わるまでは、まだ暫く帰ってこられないけど、こばこのことは大丈夫なので頑張ってください。

とりあえず長女の労をねぎらい、日本酒好きのゼミの先生と悦凱陣「興」で酒盛りをしたそうです。

凱陣

あなたから預かった凱陣はこの通り、お父さんの目の届かないところで母が保管しているので大丈夫だよん。

通好みと言われる香川の銘酒、「凱陣」たちです。





凱陣2
これもあったな・・・

幕末には桂小五郎や高杉晋作が潜伏していたという酒蔵の、歴史にもロマンがありますね~

そのうち、愉しみながらお酒で論文が書けたら良いね (^o^)




Comment:2  Trackback:0
2016
05.15

ある日の思い出

Category: 母の思い


お休みの日にのんびり、五月晴れの綺麗な青空を見上げ、ふと思いだしました。

今季の展覧会シーズン中は、いつになく忙しかった~(-_-;) 

仕事の新規行事や実家の事、子どもの引っ越し、娘の彼氏と初めての食事会、長男の大学卒業や入学式出席、それから証明書発行のため役所や銀行などもしょっちゅう通ったこと。
ホント忙しかったです・・・(^_^;)




4年前、長男が大学に入学した時は父が危篤の時と重なり、長男の下宿を探しに行っただけで入学式は出ずじまいでした。

親として子の公式行事に参加するのは今回が最後かなと思い、大学院だけど入学式に出席することにしました。



今まで上京する時は飛行機で行き、乗り換えも主人の後から付いて行くので、どこでどうやって乗り物に乗り換えたのか、実はほとんど記憶にありません・・・

それでも母一人で東京に行くなら、飛行機よりはJRの方が乗り換えが分かりやすいと娘たちや職場の同僚にも勧められ、25年ぶりに一人で新幹線に乗ったは良いけど、普段地元で電車に乗る習慣のない母にとっては、ちょっとした浦島太郎現象でした(笑)

まさに珍道中の出発でした(~_~;)


2016-4-12東京1
のぞみは初めて乗ります。

母の地方は私鉄が1社しか走っておらず、じじばばでも間違わないような簡単路線です。

それにさえ乗ることがない母には、切符ではなくてカードをかざすということにビックリ、不慣れなものでそれすらもうギクシャクです(笑)

発車です。

これが話に聞いていた携帯充電設備のある新幹線かと、25年ぶりに進化している新幹線の中をきょろきょろ、ワクワクしながらあっという間に時間が過ぎて行きます。

2016-4-12東京2

富士山が見えるはずですが・・・

母の行ないが悪いせいか、残念ながら見えなかったよ~ (+o+)





ついに東京駅に到着しました。
東京駅の地下は世界でも有数の複雑さと言われているそうですね~   はぁ・・・  (´д`|||)



当初、新幹線出口から近いところに出迎えてくれるはずの長男でしたが、朝になって別キャンパスにある研究室に寄らなくてはならなくなり、待ち合わせ場所を変更することになりました。




長男 「ここまで来られる?」と連絡がきました(汗)


見慣れない地図です!
当たり前ですが・・・


2016-4-12東京3

母 「大丈夫!」と、大見栄をきったものの・・・

地下の構内をモグラのごとく彷徨って、行けども行けども目当ての地上になかなか出られません(~_~;)

初めての人間には、やはり難易度高っ!!




なかなか約束の時間に現れない母に


長男 「今どこ?」と場所確認が何度も続きながら・・・


2016-4-12東京4

この当たりをウロウロしている母は

母 「今ここ、もうすぐ出る・・・」と言いながら構内地図を送ったものの、まだまだ地上に出られません(;゜∀゜)




2016-4-12東京5

彷徨う事35分、やっと地上に出たと思ったら、どうやら反対方向に出てきてしまったようです。

長男 「東京駅が、そこからどんなふうに見える?」と。

母 「左右対称に見える」と、訳のわからないことを言ってきょろきょろ!

長男 「東京駅の正面が真ん中に見える位置まで出てきて」と言うので、何とかそれからさらに15分経ってようやく合流できました(汗)

やれやれ。




2016-4-12東京6

こうして、離れてみるとなんと分かりやすい街です(笑)

もぐら生活終了ですヽ(^。^)ノ





とりあえず大学に入り、工学部の学務に用事があるというので一緒について行って、母はしばらく大学内を満喫。

2016-4-12入学式1

デカい立派な木です!




入学式は午後からなので、食いしんぼうの母は大学構内のレストランに連れて行ってもらい、早めのランチを取りました。

写真がなくて残念ですが、さすが都会、大学内のレストランも大変グローバルな感じでした。

ランチもとても美味しかったですヽ( ̄▽ ̄)ノ







ふたたび長男に付いて電車に乗り、入学式会場まで行きます。

2016-4-12入学式2

一度も入ったことのなかった日本武道館ですが、大学院でも保護者はぎっしり、わが子の晴れ姿をみなさん写真で撮りまくっていました。

母も同じ心境です。


2016-4-12入学式3

式が終わって再び長男と待ち合わせ、混雑の中でしたがこの有名な武道館のこの前で、どうしても写真が撮りたいという母のため、長男のスマホで自撮りをしてもらいました。






こうして短い時間でしたが、長男の最後の保護者の仕事をしてきました。

立場上は保護者でしたが、完全に世話をかけていた私でした (-。-;)
いやはや面目ないです・・・




2日後には、留学内定者を決める面接もあるそうで、相変わらず忙しい長男です。
なので母はさっさと帰ることに。



忙しいのはわかるけど身体に気をつけて、あまり疲れた時は無理をせずに頑張るのですよ!

今日は母の我がままに付き合ってくれて、本当にどうもありがとう。

母にとって、生涯忘れられない思い出になりました♪ヽ(´▽`)/





新幹線乗り場まで送ってもらい、東京を後に、このマリンライナーに乗れるように今から帰るのだ。

2016-4-12東京7



帰りものぞみです。

もう、さすがにきょろきょろはしませんよ~

2016-4-12東京8


えへへ、ここでもお弁当です。

2016-4-12東京9

展覧会のお弁当とは違った楽しみがありますね~(^o^)丿





何だかんだで、ようやく家に帰りました。

その日は爆睡でした(笑)





あくる日のこばこさんです。

こばこ237




こばこ238

その恰好・・・

犬として、いかがなものかと・・・(;゜∀゜)




Comment:12  Trackback:0
2016
03.05

明日はいよいよ徳島展

Category: 母の思い
先週末、大学を卒業する長男の所へ久しぶりに行ってきました。

屋移りもするので、久しぶりに部屋の様子を見てきたのです。

卒業旅行に、今週は一人バッグパッカーでインドネシアへ。

来週は友人とシンガポールに行くことになったようです。




予定では、1日の夜中2時ころ出発し、ひとまずバリ島へ行き、その後ジャカルタへ飛ぶそうです。




初日、夜の19時15分ごろ、この画像だけ送ってきました(~_~;)

楽しいんだか何だかちっともわかりませんが、サーフィンをしたんだな~ということだけわかりました(@_@;)


サーフボード1

スポーツ大好き人間で、何でも挑戦しています。

十分に一人旅を楽しんでいるんだなと思っていた時・・・




その30分後、スマトラ島沖ではマグニチュード7.9の地震が起きていたのです。(後に7.8に修正されました)



地震ニュース1



地震ニュース2



何も知らない私たちは、食後にお茶を飲みながらおしゃべりしていたのです。

そこへ、ニュースを知った三女から、届いた映像に、私は頭が真っ白になり動揺してしまいました。

正月に帰省した時、長男の口から「大きな地震が起きて津波が襲ってくる夢を見た」
そう聞いていたのです。
まさか・・・




その言葉を思い出し、私は本当に気が動揺して、長男にラインを送りまくっていました。

返事がない!
返事がない!

取り乱している私に、「情報の入らない長男に日本が分析した正しいデーターを送るので、母は取り乱さず共有のラインは使わないよう協力をしなさい」と三女と長女からお叱りが・・・

「私、ひょっとして明日の今頃は展覧会どころじゃなくなって、関空かな・・・」

いやいや、まだ大きな被害の報告は聞いていない、自分にそう言い聞かせながら、情報を見守っていました。

「なんもなかった」   と深夜の1時30分頃、長男からラインが届きました。

今回は、断層のズレだったということで、大きな被害は確認されていないようです。

本当に良かったと思います。

主人は福島の人間、妹夫婦は今でも家に帰ることができずにいます。
阪神淡路大震災の時は、成人式でお祝いしたばかりの、当時大学生だったいとこを亡くしました。



私の住む場所は、今のところ大きな災害は起きていませんが、安全の保障なんてどこにもない時代ですよね。

今回は、本当に心配しただけで済んでよかったと思いました。




第一、長男から正月のコワイ夢の話があったので余計な心配をしましたよ・・・

母は今回、身体のヒアルロン酸が激減して、さらに法令線と目皺が増えたことは間違いなしです!(T_T)


のんきな長男から、届いた映像です。

インドネシアホテル1
バッグパッカーの割にいい所の泊まっているではないか!
修業が足りないね・・・


インドネシアホテル2
1泊、851円だそうです。


ナシゴレン1
母もかつて、気に入ってよく食べました。

今の時代は、良いですね~

本当にメディアの発達した時代で。

私が一人旅をした頃、親はとても心配をしたんだなと、改めて深く反省(-_-;)




明日の徳島展覧会は安心していけそうです。

すずこばもみ1

散歩前の皆さんです。

明日は、徳島展に行ってきます。
ハンドラーは、母です(;一_一)



Comment:2  Trackback:0
2016
02.19

長男よ、お疲れ~

Category: 母の思い
昨夜遅く、長男から卒業論文の提出と、そして自身の研究発表が全て無事に終わったこと、電話で報告がありました。

4年の後期は、ずっと研究室で閉じこもって、家に帰るのは朝の3時4時になるのがしょっちゅうだったそうで、本当にお疲れ様だったね (^o^)丿

理系は実験が多く、早く帰れないのは分かっていたけど、本当に忙しかったようです・・・

論文の内容もネットで見たけど、公式ばっかりで母にはチンプンカンプンだよ~~(~_~;)

昼夜ほとんど実験しており、電話しても小声で囁くような話ししか聞けなかったので、久しぶりに大声で長電話でき母は大変満足しました。



3月には卒業旅行も兼ねて、久しぶりに旅行に行くそうですね。

どこに行くのか、決まったらまた教えてください。




そう言えば、この写真は去年の初めころだったか?

カンボジアへ行って屋台で食事をしていたら、はるな愛さんが取材で来ていたという写真がLINEに送ってきていましたね。


はるな愛1
どこに行くのか、まあとにかく気をつけて行って、楽しんできてください。

母も、昔のようにあなたを監視していられないからね・・・

自分の身は自分で守るのだよ(-_-;)




監視と言えば

こばこさんの、監視風景の写真が撮れました。

こばこ231
ここに上がると、少し高い位置から外が見えます。




こばこ229
こばこさんの大好きな場所らしいですが・・・




こばこ230
外を散歩しているワンちゃんを見つけると、戦闘モードに入ります。

そしてよく見ると、左側にあるガーデニング用の柵を、悔しそうに噛んで引っ張りバラバラに壊してしまいます。

もう、いったい何がしたいんでしょうね・・・



上の写真を拡大すると

こばこ232
首を柵から出してギロチン状態で、ワンちゃんに「オラオラ」言っています(汗)

家の敷地から喧嘩を売るのは、止めていただきたい母です・・・(-_-;)




Comment:2  Trackback:0
2015
05.13

喜ぶ母です

Category: 母の思い
これは私のスマホのカバーですが、長女がプレゼントしてくれました。

嬉しいので外で使う時は、わざわざ絵柄が傍から見えるようにスマホを持ったりします。

まるで難易度の高いテストで、良い点数が取れた小学生が、テストを堂々と机の上に広げているみたいだと自分で思ってしまいました・・・
私は小学生だったのか!

誰か、気づいてください ヽ(^。^)ノ

この柴犬の立ち姿がとても綺麗で気に入っているのです。
本当にありがとう♪

スマホカバー





4月にあった職場の人事移動で、現在私の部署に来られた上司は、兼業でイチゴ農家をなさっている方でした。

出荷できないイチゴだそうで、ほぼ毎日こうして持ってきてくださいます。
これがね、甘いんです♡

いちご1

大小色々あって売り物にできないと仰っていましたが、キラキラときれいなイチゴなのです。
とても美味しい~

どうもありがとうございます、大歓迎です。




桃とイチゴが好物の長女。
彼女が引っ越した後になって、毎日摘みたてイチゴを食べているなんて知ったら、うぅ、きっと怒るだろうな・・・


いえいえ、母はあなたに感謝をしたくてこの記事を書いたのだよ~

ホント感謝、感謝なのだからね!
Comment:8  Trackback:0
2015
03.29

旅立ち

Category: 母の思い
自分の仕事や、身辺の変化で、本当に忙しい一週間でした。

先日、京都にいる娘の大学院の卒業式がありました。

母も出席したかったのですが、午後から始まる大学院の卒業式は、帰宅時間が遅くなる事を考えた末に出席を諦めました。

こんな時だけは、動物の多頭飼いをしている事を後悔することもありますよ・・・

二人の娘の引っ越しもあるのに、本当に役に立たない母親で辛いです(涙)




二人の娘の門出を祝ってくれるかのように、まだ肌寒い日中でしたが、一輪だけ咲いている桜を見つけました。

桜1






卒業式1

博士課程の修了証書を学長からいただいています。



卒業式2

映画でしか見たことがなかったマントと、頭の上の被り物がカッコいいです。

母が、この衣装を記念に買ってきてと言ったら、「いつ着るの?家でコスプレしてもしょうがないでしょう~」と言われて考え直しました。








三女へ

卒業おめでとう

苦労の末、無事に全ての課程を終え、論文の提出も叶い、そして就職の厳しい中で何とか研究職に着くことができたこと、本当に良かったと思います。

ねたみや心ない中傷だったり、足を引っ張られることもあり、本当に厳しい道だと思いますが、苦労して乗り越えたことは、次の苦労を乗り越える原動力にもなります。

まずは、あなたを支え導いてくださった恩師に感謝を、そして友人のみなさんへの感謝の気持ちを忘れないでください。

そして、これからは身体も大切にしてくださいね。

母ができることは、身体を気遣う事くらいしかできませんが、実家にも近くなったので、疲れた時はご飯を食べに帰って来てください。

待っています。







長女へ

引っ越しお疲れ様。

疲れ知らずで無理をしていると寝込んじゃいますよ~

日曜日は、あなたのいない展覧会に行ってきます。

私の行ないが悪いのか、残念ながら雨だそうです。

ちぇっ!

頑張ってきま~す。



師匠や、副師匠に「もう九州や行かんとお嫁に行き~」と言われていましたが、「九州に行っても犬をしてきます」と答えたあなたの名誉のために、まだまだ独身でいる証明をしておいてあげますね。

振袖

独身だから、ずっと着てもいいよ。

かつて、私のために私の母が買って、祖母が仕立ててくれた振袖。




Comment:6  Trackback:0
2015
02.16

君子危うきに、でも近寄りたい・・・

Category: 母の思い
金曜の夜、長男がこちらで受ける試験のために帰ってきました。

いつものように犬さん達の大歓迎を受け、散歩も欠かさず参加して、短い間でしたが楽しい時間を過ごせました。

今度帰ってくるのはゴールデンウイーク頃とか・・・母は寂しいね~。




土曜日は三女から、博士論文の審査が無事に通ったという連絡がありました。

1月に論文を提出し、受理されればその後に、約1時間の口述審査があります。

最近は、博士論文のことに関して色々と世間であったので、論文の審査が一層厳しくなっていたようです。

母も内心は通らなかったらどうしようと、気がかりだったので、本当に良かった!安心いたしました。

修士課程から査読付き論文を含め、何本も論文は書いていたようですが、さらに卒業時に博士論文を提出するのは本当に大変なことだったと思います。

良く頑張りましたよ~褒めてあげます。

これまであなたを指導し育ててくださった先生や、友人の方々に心から感謝するのですよ~。

母も心から感謝いたします。






暇になったので~

すずか19
母がどんぶりちゃんと、ボールを投げて遊んでいました。



どんぶりこうちゃ2
こうちゃ君も、一緒にボールで遊びたいのですが・・・

どんぶりちゃんが恐くてなかなか、近づけません。

ははっ、目も合わさないようにしています。




どんぶりこうちゃ3
近寄って来るこうちゃ君に、ボールを咥えたままで鼻に皺を寄せて怒っています。

そんなに意地悪しないでも良いでしょうが~


こうちゃ君、この間合いの取り方・・・絶妙だね~。




どんぶりこうちゃ4

あらまっ、こうちゃ君は水を飲みに来ているだけなのに、睨みつけていますよ~。



こうちゃ君、やはりどんぶりちゃんには君子危うきに・・・ですね。




Comment:10  Trackback:0
2015
01.24

日本犬保存会、春季展覧会の審査員が発表になって

Category: 母の思い

昨日は、待ちに待った日本犬保存会、春季展覧会の審査員の先生方が発表になりました。

長女がハンドラーをしてくれるのも、残念ながら3月の前半までなんですよね~。

それまで、こばこさんの毛も持つでしょうか・・・

こばこ150
全体的に、ぼわっと浮いているでしょ!



こばこ151

でも、女の子らしくなったでしょ~♪
性格は変わっていませんが・・・
こうしてみると、すずさんにも似ています。


こばこ152
力士の顔が、少し優しくなってきたんです。



こばこ155
適度に身体も鍛えていますよ。



こばこ153
まさしく女の子でしょ~(^o^)丿



こばこ154
あ~だけど首の回りとかも、浮いてますね・・・



こばこ156
やっぱり結構、毛が浮いているんですよね~
この間も取ってみたのですが、どうせ浮いているのなら、また後で浮いた毛を取ってみようか。
こうなると、春の展覧会はがっかりかも・・・



こばこ157
母のハンドリングです。
長女の様に上手くはいきませんが、4月からは私がハンドラーをしないとね。


長女と10年近くコンビを組んで、犬をやってきました。
たくさんの方との出逢い、そして嬉しい事、楽しい事、悔しい思いもありましたが、それらは全てが私たち親子にとって、人生の勉強でもあったと思います。

彼女が歩む道を、母は心で応援するしかできないけれど、努力したことはいつか自分のためになると信じています。
大学受験の時、進路が先に決まった長男の友人から、長男に贈ってくれた言葉がステキです。

【努力は人を裏切るかもしれないが、自分は決して自分を裏切らない】

そうですね・・・
いつかまた、長女とコンビが再開できる日を信じて、それまでひたすら母も精進します。


あはっ、取りあえずは毛を何とかしないとね~(ーー;)






Comment:7  Trackback:0
2014
12.26

贈り物

Category: 母の思い

長男にクリスマス着で送った鶏の足、バイトで受け取れなかったって言うので、母は怒っていたんですよね・・・

そうしたら、タイミングよく長男からお歳暮が届きました。




今回は、次女の好物甘えびと、母の好物ウニでした!

ありがとう♡

本当に♪♪♪ うふふ。

母は、単純です!

ほんと、ウニに弱いです・・・


歳暮1


手紙も一人ずつ、みんなに書いてくれてありがとうね。

母宛には感謝の気持ちを言ってくれて、なんだか照れくさいけどね・・・
感謝にしては、なんでか上から感謝の言葉を言ってるでしょ!  何なんですかね・・・?(^_^;)


年末に会えるのを、ふくすけと一緒に待ってるよ~。



Comment:4  Trackback:0
2014
12.24

せっかく送ったんですけどね~

Category: 母の思い
無事に博士論文を提出し終えた三女ですが、この土日、久しぶりに帰ってきました。



論文大変だったのでしょう・・・

げっそりしていました。
ご苦労様でした

亀のぱぶちゃと、あられは今回もお留守番だそうで、会えませんでした。
さぞかし大きくなっていることでしょう~。



どんなに短い帰省中でも、やっぱり讃岐の女ですね~、必ず行きたくなるのがこちら、ごひいきのうどん店。

やまうち

毎度ながら、「やまうちうどん」さん。

母は、そばも食っちまいました。ははは・・・





これは、県外からのお客さんを乗せたタクシーなんですが・・・

タクシー1

車の屋根に、こんなものが付いているのを発見!



タクシー2

うどんの上にエビの天ぷらが載っていました。







クリスマスには付きもののチキンですが、こちらの地方では、骨付き鶏というものが食文化の中にあります。

クリスマスに限らず、鶏の足は普段からスーパーや肉屋で売っていて、私も子どもの頃から何だかんだで焼いてもらって食べたものです。

この鶏の足、最近ではB級グルメとなり、わざわざ県外からうどんと骨付き鶏を食べに来県される方にもお会いします。

写真はご近所にある骨付き鶏「一鶴」さんのチルド用です。

県外にいると、この骨付き鶏が定期的に食べたくなるようで、そういえば私もそうでしたね~。

いつも「一鶴」の骨付き鶏は、次女が三女と長男にのために用意してくれ、長女と母は総菜を作り、クールでまとめて送っています。

持ち帰り一鶴1





今回長男は、クリスマスは母の焼いた骨付き鶏というリクエストでしたので、今日24日に息子の所に届くように送りました。

味も見栄えも「一鶴」さんには劣りますが、私の焼いたものです。

骨付き鳥1

が、息子からLINEで「バイトで受け取れんかったわ~明日の昼受け取るね~」

というメッセージが・・・

「年末に帰って来るときは、寝袋を用意して帰ってきなさい・・・」




Comment:2  Trackback:0
2014
08.29

長男のバッグパッカー、デビュー。

Category: 母の思い
大学生の長男ですが、この夏休み、初めてバッグパッカーでクアラルンプールへと、一人旅に出ました。

お盆前に帰省した時は、話しを聞いてまだ早いと、主人と共に反対をしました。

が、「婆ちゃんの生きている間に、親の気持ちを知っておきなさい!」と逆に長男に説教されてしまいました。

そうですね、私も今から約30年前、一人バッグパッカーでインドとタイを10ヶ月ほど旅をしてきました。

途中で、実家への連絡も途切れ途切れになり、母と今は亡き父とに随分と心配をかけたようです。

だから私にも、母が生きている間に、私自身が同じ体験をして、当時の反省をしておけと言うわけです・・・か

なんだか、都合のいい長男の言い訳のような気がしますが~。



「息子よ、一人旅はすばらしいことです。ぜひ行ってくればいい!

けどね、たとえ何が起きたとしても、旅の途中では全て自分自身で責任をとらなくてはいけないのだよ。

あなたにその覚悟を持ってもらうために、母は反対をしているのです。



何の反対もせず気持ちよく送り出せば、あなたはきっと気を抜くでしょう!  私の子なんだから・・・

気をつけて、どうか幸運に恵まれますように!」




送ってきた画像です。

あきら2
ここに、宿泊したみたいですね。


あきら1
ドミトリー、相部屋ですね。
安宿の定番で、私もインドでは泊まったものです。






今は、ラインがあるから便利です。






確かに遠い昔、私は両親にとても心配をかけていたんだと、長男の事を思って初めてわかりました・・・父よ母よ、今さらですが、ごめんなさい。


Comment:6  Trackback:0
2014
01.27

三女へ ありがとう

Category: 母の思い
〇〇ちゃん、昨日はお知らせありがとう。

当たり前の様で当たり前ではない、大学院最終課程に進級ということが、どんなに大変だったことか今になって、想像しています。

あなたよりも、優秀な学生さんでも通らないことがあるという事実で、本当に厳しかったのだなと確信しました。

お正月に帰ってきた時、何となく浮かない顔で元気がなかったので、本当は随分と気持ちが追われていたのですね・・・

それなのに、母を取り巻く色々な実家の事を相談に乗ってくれたり、専門的な知識からアドバイスをくれたり、いつも気にかけてくれてとても感謝しています。

進級すればそれはそれで、論文の提出が何本もあるとか、それで5月頃まで帰れないようだと、お姉ちゃんから聞きましたが、とにかく身体だけは気を付けてください。

あなたが執筆で夢中になって、餓死でもしたら困るので、母ができることとしては真空冷凍食品をたくさん作って送ることくらいです。
希望の惣菜があれば言ってください。

頑張っている人に、これ以上頑張れとは言いませんが、亀のぱぶちゃやあられの世話をして、少しでも癒されてください。

たまには、息抜きをするのですよ~

ふくすけ48

俺の背中を越えて行け! 
(おふざけ息子が、中学校の部活で、転校していく後輩の色紙に書いた言葉・・・)



Comment:0  Trackback:0
2013
12.24

プレゼントは嬉しいね!

Category: 母の思い
昨日、結婚式に出席のため、東京に行っていた長女と息子が帰ってきました。

クリスマスなので、築地に寄ってお土産を買ってきてくれました。


うに2
水揚げしたのでぐちゃぐちゃに写っていますが、深層水に浸かった私の一番好きな生の馬糞うにです。

明日のクリスマスを我慢できずに食べてしまいました~。  ははは・・・

うまっ!  本当にありがとう!

うに3
こちらは同じく、深層水に浸かった生のムラサキうにです。

今夜、京都から三女が帰って来るので、それまで絶対に我慢して食べないでおきます。

息子はこれを食べられずに、今朝、授業のため帰って行きました。

残念だわね~、しょうがないから、母が綺麗に食べておくので心配しなくていいよ。






私は、うにで簡単に買収できる女だということがよくわかりました!





もみ43
40日くらいの時のもみちゃんを、プレゼント仕様にした時の写真です。

ぼけていますが、ちょっとかわいかったので、親ばかで載せてみました。




ふくすけ45
プレゼントまだ~?








Comment:2  Trackback:0
2013
11.27

褒め称えます。

Category: 母の思い
昨日の朝、県外の大学に通う長男から意味不明なラインが届きました。


「わたしを褒め称えるだろう!」・・・?


午後にも、もう一度。


「わたしを褒め称えなさい!」・・・?


いつものおふざけか、それとも、何かに洗脳されたかしらと、少し心配になってしまいました。


夜、その長男からお歳暮が届きました。

今年は、クール便です。
かにばこ


中身は蟹です。

山陰出身で、サークルの後輩になる学生さんのお父様が、日曜日に水揚げしたばかりの蟹を、浜ゆでにして直送してくださったそうです。

かに1

長男は、来週末に帰省するから、自分の分だけ残したら、後は美味しいうちに早く食べるようにと言うことでした。


蟹に、目のない長女は、そんなことは無視で、もうすでにさばいていました。


かに2
あっという間に、切り分けました。


しょっちゅう食べられないから、いつ食べられるチャンスが来ても困らないように、常にさばくイメージトレーニングをしているのだそうです。

ほんまかいな~
そんなイメージトレーニングをする人がいるなんて聞いたことないね・・・

旨~い!!  みんな黙々といただいています。

嫌な上司と食事に行くときは蟹が良いと言うのは本当でしょうね~。

身が詰まっていて、絶妙なゆで加減で、抜群に美味しかったです。

後輩の学生さんや、お父様に感謝いたします。



そして長男にも、ありがとう。

お小遣いが少ないんだから、無理すんなよ~。



それからこの場を借りて、剣道四段も、昇段おめでとう。

小さい頃から、よく続けてきたね!

お姉ちゃんたちは、読んだんとか言っていたけどね。



来週、帰って来るのを楽しみに待っています。

蟹は置いてあるよ~




あなたを、褒め称えます










Comment:2  Trackback:0
back-to-top